コービーがLFCメソッドを証明!!

皆さん、こんにちはLFC院長のカワミツ です。

今日は身体の仕組みについて先の不慮の事故で亡くなったコービー ブライアントが証明してくれた事についてお伝えして行きます。

今日の内容はバスケット情報誌OUTNUMBER編集長の金谷さんから、コービーの本「MANBA MENTALITY」を紹介して頂いて読んだのがきっかけでした。

まだ読み始めではありますが、コービーが自身の怪我に対する対応をどの様にしているかという内容の46ページにたどり着いた時、そのページに目が釘付けになりました。

コービーは 「CAUSE AND EFFECT」(原因と結果)でこう語っています。

体のある部位に感じる痛みは、別のどこかに起きた異常に起因している。そう考えると、根本にある原因の治療が、結果としての痛みへの対処よりも大切になってくる。私はいつも、足首が正しく動ける状態にあり、きちんと動くよう心がけていた。足首が硬いと、ヒザ、臀部、背中という具合に上体に問題を起こす遠因になりうる。だから、試合前は時間をかけて、問題の根本となる足首の状態を念入りに整え、症状の悪化を回避するようにしていた。

こういう一流のプロからの言葉が自分の施術の仕方を証明してくれている。自分が患者さんを診るとき必ず足首から観ます。そして足首の施術から始めます。

足首の施術ほんの10秒ぐらいで腰痛や肩こりが解消する人が大勢もいます。

ここの部分に気づかせてくれたカイロ恩師、Dr. Decamp、株式会社クワトロハートの熊谷氏、コービー 、この本を紹介してくれた金谷さんに感謝し更に患者さんの健康回復に努めて行きます!!


Spread the word. Share this post!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »