Bリーガーが来るライフフォースカイロプラクティック、パート3

皆さん、こんにちはLFC院長のカワミツ です。今日は患者様の紹介でお伝えして行きたいと思います。

6月16日に那覇市民体育館で「OKINAWAN HOOP SUMMIT」が開催されました。私自身はBリーグの沖縄出身選手にカイロプラクティックを効果を伝える目的として参加しました。

そこでまず会えたのは「ミスターキングス」こと北中城高校男子バスケットボール部の後輩でもある金城 茂之選手と、今季キャプテンを務めた岸本 隆一選手でした。

彼らにはカイロプラクティックを受けた後、選手の身体能力のジャンプ、スピード、パワーなどが最大で20%アップする事が出来る事を伝えました。そして、もう一人会えたのは同じ宮古島出身名字の川満 寿史選手でした。彼にも同じ事を伝えました。

この日は3人だけでしたが、知人の紹介を受けて今日滋賀レイクスターズに移籍が決まった狩俣 昌也選手がライフフォースカイロプラクティックへ来てくれました。これでBリーガーの当院への来院はジェフエアーズやアイラ・ブラウン選手に続き3人目です。彼も同じ宮古島出身という事で前チームのシーホース三河でキャプテンを務めた選手ですので、来シーズンにも期待しています。

そんな彼がカイロプラクティックを受けた後は、「身体が軽くなった!」とコメントして頂き身体能力が向上する事を願っています。そんな彼らとのツーショットです。

Spread the word. Share this post!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »