K-ichi患者さんのケーススタディー

いやー、そろそろ真夏に近づいて来た気がしますが皆さんいかがお過ごしですか?
夏は身体中の水分が失われやすいので、こまめに水分補給して熱中症などには十分気をつけてください。
今日もK-ichi患者さんのケーススタディーをご紹介して行きます。
藤原弘達さんは当初右股関節の痛みと、肩の痛みがあって来院して頂きました。
当院の施術を受けて頂いて「股を開いてストレッチなどをしても痛みがなくなった。肩も楽になった。」とコメントを頂きました。
K-ichiの整体を受けて良かった良かったと思う点や、他の整体と比べた時にどこが違うと思いましたか?という問いに対しては、「整体を受けてすぐに症状が改善されるのと、他の気になったところも良くしてもらえる。」とコメントしてもらいました。
あなたの周りに同じような悩みを抱えている方にメッセージをお願いします。という問いに対して、「僕はとても良くなっているので、おすすめします。」という有難いお言葉を頂きました。
P.S.
藤原さんはお仕事が美容師である為、立っている姿勢が長かったり、お客様のシャンプーの時の姿勢がきついと言います。
股関節の痛みはどうやら腰椎の3番のズレから引き起こされたものでした。そこで股関節ではなく、腰椎の3番のズレを整えてあげたら痛みは無くなって行きました。
またハサミを何回も何回も動かすことによって利き手の右腕がだるくなるそうで、そこをいつも重点的に施術したりします。
ほぼ毎日違う身体のパーツを筋トレしているそうで、身体の線は細く引き締まっていますが身体の硬さが気になるところです。
今は月2回程度で普段のお仕事の疲労や、筋トレでの身体の硬さを取るためにメンテナンスをして頂いています。
 
IMG_2309

Spread the word. Share this post!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »